特定技能の資格で働く外国人の人数・業種別ランキング(2021年3月末現在)

ここ1年で急増したと言われている特定技能の資格で日本で働く外国人ですが、そもそも特定技能の資格で働ける業種は下記の14業種に絞られています。

①介護 ②ビルクリーニング ③素形材産業 ④産業機械製造業 ⑤電気・電子情報関連産業 ⑥建設 ⑦造船・船用工業 ⑧自動車整備 ⑨航空 ⑩宿泊 ⑪農業 ⑫漁業 ⑬飲食料品製造業 ⑭外食業

業種によっては特定技能の外国人の受入れが進んでいる業種もあれば、思うように進んでいない業種もありますが、入管が3月に公開した、特定技能で働く外国人の業種別ランキングを見てみると、下記のようになっています。

1位 ・・・食飲料品製造業 8,104人(35.9%)

2位・・・農業 3,359人(14.9%)

3位・・・建設 2,116人(9.4%)

4位・・・産業機械製造業 1,937人(8.6%)

5位・・・介護 1,705人(7.6%)

6位・・・素形材産業 1,669人(7.4%)

7位・・・外食業 1,150人(5.1%)

その他・・・2,572人(11.2%)

 

上記のように最も特定技能の受入れが進んでいるのは食飲料品製造業がダントツ。

また外食業は7位にランクされていますが、コロナウィルスの影響等で思ったほど進んでいないというのが現状のようです。

また介護も5位にランクされていますが、これも期待されていたほど受入れが進んでいないと言われていますが、これは圧倒的に特定技能の資格を持つ人が多いベトナムにおいて介護の試験が進んでいないのが大きな要因となっているようです。

 

 

東海エリアで特定技能の雇用をお考えなら・・・

アイトクは国内移動で特定技能に資格変更したベトナム人を中心に、特に食飲料品製造業・介護・建設業に重点を置いて外国人労働者をを紹介、そして登録支援機関として外国人の日常の支援を行っていく事業に力を入れていきます。

「なかなか思うような人材が入ってきてくれない」「特定技能の資格で働く外国人を雇用したいけど、どのように取り組めばいいかわからない」とお悩みの東海エリアのご担当者様は、ぜひアイトクにご連絡ください。

アイトクの特定技能サービスについて詳しくはこちら

 

外国人材のことならアルタスグループにご相談ください

アルタスグループは日系ブラジル人を中心としたネットワークと、従業員への手厚いフォローに誇りを持つ人材総合サービスグループです。

私たちはお客第一主義を基本として、いかにお客様に貢献できるかを考え続けます。